大型特殊自動車免許取得までのながれ | 和歌山県紀南地方最大の自動車学校 普通免許から普通二輪、大型特殊まで

楽勝問題
技能予約はこちらから
田辺自動車学校BLOG
教育訓練給付金について
資料請求はこちらから

















◆大型特殊免許
満18歳以上で普通免許または中型免許を所持していること。

 以下のような自動車が大型特殊自動車で、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車、及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車と定義されています。
・全長・・・「12.0m以下」
・全幅・・・「2.5m以下」
・全高・・・「3.8m以下」
・最高速度・・・「制限なし」
・総排気量・・・「制限なし」

具体的には・・・クレーン、ショベル、フォークリフト、ホイールクレーン、ロードローラー、ロータリ除雪自動車、農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機など・・・

 大型特殊自動車でも、普通自動車と同様、敷地内で運転する場合は大型特殊免許が不要で、公道を走る場合のみ免許が必要となります(車検・自賠責保険も同様に公道を走る場合のみ必要となります)。
また大型特殊免許を取得すれば上記のような車を運転することが出来ますが、実際にそれらの大型特殊自動車を使用して作業するには、それらの資格が必要になります(フォークリフト運転技能講習の修了者など)。
あくまでも大型特殊免許は大型特殊自動車を公道で走らせることが出来るだけですので注意しましょう。


 

大型特殊
(普通自動車免許あり)
第1段階
学科教習:0時限
技能教習:3時限(最短)
第2段階
学科教習:0時限
技能教習:3時限(最短)
合計
学科教習:0時限
技能教習:6時限(最短)


■大型特殊


希望免許 所持免許 最低教習単位
学科 技能 合計
大型特殊 大型・中型・普通
教育訓練給付金制度対象
大特(カタピラ限定・農耕車限定)

 

 

 




1:指定自動車教習所に入学(入校)

2:適性検査(視力・聴力検査など)

3:技能教習・学科教習

4:技能卒業検定

5:運転免許試験場での適性検査(視力検査など)・学科試験

6:大型特殊免許証交付

※教習の有効期間は、教習開始日より3ヶ月以内です。期間内に修了しないと全ての教習が無効になります。